幻の四重奏 (角川文庫 (6051))

著者 :
  • 角川書店
3.30
  • (3)
  • (2)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 69
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041497272

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 美紗子の死のナゾを探るため、四重奏探偵団の弓子、良枝、リカが立ち上がる。最後には、意外な人が犯人・・・。

  • 女性だけの四重奏の一人が亡くなる。
    かけおちの日に死亡したので,自殺か,他殺かが疑わしい。

    かけおちをしようとした相手の男性とその父親の謎の行動。
    男性はまた見合いをする。

    見合いの相手の女性と,四重奏の遺った3人が駆け回る。
    以外な結末と,未解決の諸問題が余韻を持って話が終わる。

    食い意地のはった1人という設定は,赤川次郎がよほど性格描写に手を抜こうとしているかが分かる。
    多作ならではの手法なのだろうか。

  • 主人公の弓子は17歳。仲間の3人と「ユミ四重奏団」を組んでいる。そのメンバーの美紗子が自殺したと。でも恋人がいて、駆け落ちまで考えていた人間が、自殺する? その死の原因をさぐる弓子達に迫る謎の数々!
    .。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.

  • 四重奏団・のメンバーの有沢美沙子が遺書を残して死んだ。だが、駈け落ちを約束した恋人がいて自殺する理由が見当たらない。美沙子の死に何かある。三人でそれを探るのだ!

  • なんだか好きで、おそらく10回ちかく読んだと思う。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

赤川 次郎(あかがわ じろう)
1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。
代表作「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。
執筆作は500作を超え、累計発行部数は3億を突破。メディア化された作品も数え切れない。

幻の四重奏 (角川文庫 (6051))のその他の作品

赤川次郎の作品

ツイートする