早春物語 (角川文庫 緑 497-28)

著者 :
  • KADOKAWA
3.50
  • (5)
  • (1)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 59
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041497289

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ニューカレドニア、フランスなどを舞台とした作品です。

  • なんでだろう。この作品がいちばん好きです。読み終えたときに、恋したときのような気持ちになって食欲がなくなり胸が苦しくなったのを覚えています。まあ、とりあえずたくさんの赤川作品を読みましたが、すごい人ですよねー。あまりの売れっ子作家の量産ぶりに「中の人7人伝説」などもありましたっけ(笑)。彼の特徴としては、登場する女性の多くが、家柄のよいくったくのない娘さんだったことが印象的でした。彼について、某作家が「原稿用紙のマスを埋めて1ページなんぼ、という時代は終わったんだな」とやや皮肉っていたのが笑えました。ワタシは、目に優しく、すいすい読める作品を発表して若者に読書ブームを巻き起こした功労をたたえるべきだと思いますが。余白はメモにもなります(違)。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。

「2022年 『三世代探偵団 春風にめざめて』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤川次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×