冬の旅人 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.50
  • (7)
  • (5)
  • (17)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 96
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041497357

作品紹介・あらすじ

汐見は独身の29歳、Nスイミング・クラブの指導員だ。女子大生紀美子の水泳練習のため、人には内緒で、個人的にプールを開放し始めてからもう半月がたつ。だがそこで、奇怪な事件が…。捜査一課の迷刑事片山と名探偵ホームズ、それに「幽霊列車」で鮮烈デビューしたおかしな大学生永井夕子が、豪華競演する「三毛猫ホームズの水泳教室」ほか、3編を収録した傑作短編集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • カバー/及川達郎
    装幀者/杉浦康平

  • 表題作は作者らしい音楽モチーフの作品。「巨人の家」は何でも大きい倍々や方というのが面白い。「本末転倒殺人事件」はプロットが凝っていて思いがけない結末。

  • '93.10読了。
    手放し本。
    4つの短編集。「本末転倒」はおもしろかった。

  • 短編集。

    赤川次郎作品で、音楽を題材にしたものに、外れが無い。

    シューベルトの作品から題材を持って来ている。

    まろやかな仕上がり。

  • 汐見は独身の29歳、Nスイミング・クラブの指導員だ。女子大生紀美子の水泳練習のため、人には内緒で、個人的にプールを開放し始めてからもう半月がたつ。だがそこで、奇怪な事件が…。捜査一課の迷刑事片山と名探偵ホームズ、それに「幽霊列車」で鮮烈デビューしたおかしな大学生永井夕子が、豪華競演する「三毛猫ホームズの水泳教室」ほか、3編を収録した傑作短編集。

  • クラシック好きなので楽しみながら読めた。
    3作入っていて、2作目はリアルに感じ悪い話。
    三作目は三毛猫ホームズシリーズでなかなかとても読みやすかった。

  • 20090528

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1948年福岡県生まれ。1976年に『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。「四文字熟語」「三姉妹探偵団」「三毛猫ホームズ」など、多数の人気シリーズがある。クラシック音楽に造詣が深く、芝居、文楽、映画などの鑑賞も楽しみ。2006年、長年のミステリー界への貢献により、第9回二本ミステリー文学大賞を受賞。2016年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。2017年に著作が600冊を突破した。

「2022年 『三姉妹、恋と罪の峡谷 三姉妹探偵団26』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤川次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×