忙しい花嫁 (角川文庫)

著者 : 赤川次郎
  • 角川書店 (1986年9月1日発売)
3.19
  • (5)
  • (5)
  • (38)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :161
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041497388

作品紹介

この物語のヒロイン、塚川亜由美。私立大の文学部に通う二年生、少々あわてんぼうの19歳の娘である。彼女はクラブ活動の先輩・田村の結婚披露宴に招かれたが、どうも様子がおかしいのだ。花婿の田村は暗い顔をしているし、その上、当の田村が「そっくりだが、花嫁は別の女だ」と謎の一言を残し、ヨーロッパへ、ハネムーンに旅立った。その後、田村は行方不明に…。そして第一の殺人が-。サスペンスあふれる長編ユーモア推理。

忙しい花嫁 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 手元にあるのは表紙カバーが違う。この頃の他の角川の赤川本同様、及川さんのイラスト。
    次に整理する時には手放すかも。

    挟まっていた栞がものすごく若い所ジョージだった。

  • この物語のヒロイン、塚川亜由美。私立大の文学部に通う二年生、少々あわてんぼうの19歳の娘である。彼女はクラブ活動の先輩・田村の結婚披露宴に招かれたが、どうも様子がおかしいのだ。花婿の田村は暗い顔をしているし、その上、当の田村が「そっくりだが、花嫁は別の女だ」と謎の一言を残し、ヨーロッパへ、ハネムーンに旅立った。その後、田村は行方不明に…。そして第一の殺人が―。サスペンスあふれる長編ユーモア推理。

  • 2013/12/26

  • 7月の5冊目。今年の95冊目。

    初赤川次郎。花嫁シリーズと題されるもの。いやー読みやすさは抜群だったね。最近速読するつもりはないのだけれど、精読とか熟読とかいうスピードで本は、特に小説は読んでいない。そこに、こんくらい読みやすいのがあると、めちゃくちゃ速く読んでしまう。

    まぁ初版が昭和61年とかなり古いので、当時としては、おそらくかなり論理的に思えるのかもしれない。解説にも「本格」とか書いてあったしね。ただ、現代の傾向としては、やはり読者にも等しくヒントが与えられるし、その動機も本を読めば導き出される、というものがあると思うので、そういう意味ではあまり僕は好きじゃなかった。まぁそれは好みにもよると思うし、何よりこの本の読みやすさは好きだけどね。

  • 初対面でちぐはぐの、主人公と刑事とドンファン。

    ちぐはぐさが、いかにも「花嫁」シリーズらしくてよい。

    なぜドンファンが、実家に帰らなかったのかの説明がないところもよい。

    不完全さの齎す美どでもいおうか。

    母親のあいまいな性格も興味深い。

    これからの無謀な道筋を予感させるような第一弾。

    こんなに不安定な始まりがかつてあっただろうか。

    興味深さから星5つ。

  • 《花嫁シリーズ第1弾》
    この物語のヒロイン、塚川亜由美。私立大の文学部に通う二年生、少々あわてんぼうの19歳の娘である。彼女はクラブ活動の先輩・田村の結婚披露宴に招かれたが、どうも様子がおかしいのだ。花婿の田村は暗い顔をしているし、その上、当の田村が「そっくりだが、花嫁は別の女だ」と謎の一言を残し、ヨーロッパへ、ハネムーンに旅立った。その後、田村は行方不明に…。そして第一の殺人が―。サスペンスあふれる長編ユーモア推理。

  • 恋愛小説とおもったんけど、推理小説だった

  • 長編だから仕方ないのかもしれんけど、いらないエピソードが多くて、ダラダラしてた。あと途中で犯人が読めた。主人公はドン・ファンとこんな風に出会ったんだなー。

  • これも好き。花嫁シリーズでは女子大生の、元気のよさに舌を巻きます。

  • 犯人が半分ぐらい読んだ時点でわかってしまった↓けど、トリック?というか、謎はなかなか面白かった。

全12件中 1 - 10件を表示

忙しい花嫁 (角川文庫)のその他の作品

赤川次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする