冒険入りタイム・カプセル (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.25
  • (1)
  • (2)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041497487

作品紹介・あらすじ

羽佐間倫子は、16歳。ボーイフレンドとの関係もちょっと危うい曲り角にさしかかる年頃だ。一方、父の栄一郎は48歳。羽佐間グループの頂点に君臨し、行動力抜群、その癖、気のいい男だ。そんな彼が秘書の光江には滅法弱く、とうとう結婚することに…。事件はこの頃始まった。30年間、タイム・カプセルに眠っていた青春。美貌の女教師に対する憧憬。そして殺人に次ぐ殺人。超人気作家・赤川次郎がまたまた放つ、青春サスペンス・ミステリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 30年、タイムカプセル、殺人
    3題話をつくったらちおう話。

    30年前に高校で起きた殺人事件の真相がタイムカプセルとして埋めた入れ物から出て来るか。
    犯人なら、犯人と分かるものを事前に入れ替えていたはずだろう。

    話が途中から間延びしはじめている。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

赤川 次郎(あかがわ じろう)
1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。
代表作「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。
執筆作は500作を超え、累計発行部数は3億を突破。メディア化された作品も数え切れない。

冒険入りタイム・カプセル (角川文庫)のその他の作品

赤川次郎の作品

ツイートする