本日もセンチメンタル (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.67
  • (3)
  • (0)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 48
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041497630

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 高校生の男女2人を襲う,おそろしい暴力団の抗争の話。
    詩織の父は、詩人で、詩織も感受性が高い(センチメンタル)。

    学園ものかと思いきや,ディズニーランドから離れ小島まで話が飛ぶ。

    小さな子供を抱えた,幼い母親の行方は?

    基本的に亡くなるのは悪者系が多いのがちょっとだけ安心。

  • 始終笑いながら読んでいた。
    しおりの性格が緊張感をなくさせて
    楽しく読めた。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。

「2022年 『三世代探偵団 春風にめざめて』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤川次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×