天使よ盗むなかれ (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.43
  • (4)
  • (8)
  • (22)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 110
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041497708

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 天使と悪魔から見た、一味もふた味もある人間達の物語。
    天使や悪魔自体もメルヘンな設定なのにどこか人間臭さを漂わせていて面白かったけれども、その周りの人々も負けず劣らず個性の塊だった。
    特に目を引いたのは、お金持ちで大きな屋敷に住んでいる恋多き女社長と、表の顔は冴えないビルの管理人だが裏の顔は20年前に大活躍した伝説の大泥棒”夜の紳士”。
    様々な思惑が交錯する中、強かに生きる天使と悪魔。最後に天使が口にするのは、人間への愛か、不信か。

  • 「天使と悪魔2:天使よ盗むなかれ」二〇一一年九月二十日
     天使と悪魔シリーズ2です。人間界にやってきた落ちこぼれ天使と悪魔、今度は「夜の紳士」と名乗る謎の大泥棒の片棒をかつぐことになってしまう。。。
    意外にもその紳士は、身近な人物だった。
     (感想)
     ちょっぴり悲しいお話でしたが、コミカルなタッチは相変わらず。
     ドジな若刑事が出て来てますし、「夜の紳士」はどこか人を食ってますし、マリは巻き込まれて盗み食いをする始末(笑) いつものように悪魔がどこか、冷淡なところもよかったです。
     女にしか興味のない女も出てきますが、赤川次郎はこういう変わった種類の人々を出すのが趣味らしいなあ、と思うこともあります。
     ラストは意表を突かれて笑ってしまいました。すてきな伏線の張り方ですね、勉強になります。 

  • 落ちこぼれの天使と悪魔。
    天使は落ちこぼれでも、積極的に悪いことをしようとはしない。
    どじだから、悪い方向に結果が出る可能性があるだけ。

    悪魔は落ちこぼれで、積極的によいこともしてしまう。
    どじだからだけでなく、頼まれると嫌とはいえない良心がある。

    悪魔は、犬の姿。天使は少女の姿。
    お互いに食べるために助け合う。

    ほのぼのとした、赤川次郎らしい作品。

    親娘が再会するが,父親はもう余命いくばく。
    娘の結婚相手に花をもたせようとする。

  • 簡単に読めておもしろい〜♪♪
    主人公マリ(天使)の性格になれたらいいなぁ。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

赤川 次郎(あかがわ じろう)
1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。
代表作「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。
執筆作は500作を超え、累計発行部数は3億を突破。メディア化された作品も数え切れない。

天使よ盗むなかれ (角川文庫)のその他の作品

赤川次郎の作品

ツイートする