裁かれた女 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.37
  • (2)
  • (4)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 61
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041497715

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 最近復刻版が出たから全然気づかなかったけど、もともとがこんなに古い本だったのか……。
    『招かれた女』も、500円札の描写があってびっくりしたけど、これも文庫が平成3年なので約30年前。
    当然ながら携帯電話はなく、車にある電話にかけるという……。

    しかしそれを全く感じさせないくらい自然である。
    「携帯にかければいいのに」「あ、そういう時代か」とも思わせない自然さ。
    普遍性がすごい。

    そもそも、令和4年現在、殺人罪には時効がない。
    前提条件から成り立たなくなってしまう。

  • 「招かれた女」続編。表表紙裏より:15年前に犯した殺人事件の共犯者である淳子の父親が新だ。これで、あの忌まわしい過去を記憶しているのは淳子ひとりのはずであったのだが・・・・。中略 過去の罪におびえ苦しむ女の結末は?華麗で恐ろしいロマンティックミステリー。

  • 父と娘で殺人を犯した。
    時効が過ぎてから、父が亡くなる。

    関係者からの伝言が娘に伝わる。
    必死に母をかばおうとする娘。

    夫のまわりにうごめく人たち。
    娘と夫はどうするだろうか。

    絵画と
    軽井沢が注目の場所。

    ps.
    招かれた女の続編とのことだが,
    読む順番はどちらからでもよい。
    それぞれが1つの小説になっている。

  • 『招かれた女』の後編みたいな感じらしいので、
    そちらを読んでから読めばよかったな。
    ちょっとこれだけだと分かりにくさがあった。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。

「2022年 『三世代探偵団 春風にめざめて』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤川次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×