殺意はさりげなく (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.00
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 64
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041497753

作品紹介・あらすじ

高校一年生の小百合の誕生日は二月二十九日。四年に一度のこの日に必ず発生する少女殺害事件に気付いた小百合の祖父は、警察に注意するが……誰にもはりついている黒い影、恐怖ミステリ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 法子と小百合の友人関係と家族をめぐる、殺意と殺人の嵐。
    法子の祖父の秘書とお手伝いの女性をめぐる確執。
    小百合の男友達をめぐる法子と小百合のつばぜりあい。

    どこに殺意があり、どこに殺意がないか。
    殺意と殺人の関係はいかに。

    いろいろな人の殺意が錯綜する。
    4年ごとに殺人を犯していたのは誰か。
    最後まで分かりにくい。

    登場人物のうち,2人が2月29日の誕生日。
    4年ごとの殺人はその日の周辺。

    老人問題と女子高生問題を問いかけるという視点もあるかもしれない。

  • '92.4読了。
    手放し本。

  • 赤川次郎の作品は好き。
    正体の知れない恐怖。だれの心にも潜んでいるのかも。
    2月29日の誕生日がキーポイントとなる、切ない乙女心も描かれていて共感できた。
    生まれ持った家庭環境がやっぱり人をいろんな思いにさせてしまうのだなと感じた。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。

「2022年 『三世代探偵団 春風にめざめて』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤川次郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×