天使は神にあらず (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.29
  • (3)
  • (5)
  • (26)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 103
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041497777

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 天使と悪魔
    天使よ盗むなかれ
    天使は神にあらず
    天使に似た人
    天使のごとく軽やかに
    天使に涙とほほえみを
    悪魔のささやき、天使の寝言

  • 赤川次郎さんの「天使と悪魔シリーズ」3作目。

    知らずにいきなり3作目を読んだけれど問題なく読めました。
    とてもサクサク読めて楽しめた!

    主人公のマリにも好感持てたし、ポチとの掛け合いも好きです。
    このシリーズの他の作品も読みたくなりました。

    最後の展開も驚きがあり、良かったです。

  • 少女の姿をした天使と黒犬の姿をした悪魔の活躍を描く「天使と悪魔シリーズ」の三作目。
    天使のマリは新興宗教の教祖にそっくりだったことから身代わりをする羽目に。

    ちょっとご都合主義が多かったけれど、面白かったです。

  • 少女マリと黒犬ポチのコンビ―その正体、実は落ちこぼれ天使と地獄から追い出された悪魔―の地上での修業も3回目。さて今回は、雪に覆われた新興宗教の総本山にやってきたマリとポチ、そこで与えられた仕事は何とマリが自分とそっくりの教祖様の代役を務めること。豪華な宮殿でおいしい食事を楽しむヒマもなく、身代わりとしてスマイル、サインなどの練習がいっぱい。やがて教団の金に目のくらんだ本物の教祖の母親があらわれて…。ポチはけっこう気に入ったようだけど、ここは天国それとも地獄?欲がぶつかりあう人間界で「天使と悪魔」の新たな大冒険の始まり。

  • 教祖とうり二つというだけで、教祖に祭り上げられてしまったマリ。
     科学万能の世の中で、宗教をよりどころ求める人をどう思うか、ということについて、マリがこういう最後のセリフが効いてます。
    (引用開始P205~206)
    「要するにその――自分が、何か高いものを目指すってことが大切で。科学
    だって、そのための手段ですものね。その『高いもの』がなくなっちゃうと、科学って、平気で人を殺したり、環境を破壊したりするんです。自然と科学って、敵同士じゃないんです。それが――つい、洪水を防ぐ、とか災害から守る、ということばっかりやってる内に、自然は敵だっていうふうに思い込んじゃってます。でも科学も自然から生れて来たものなんですから。(中略)原発だってそうです。だって、馬を駆け出させるだけならできても、どうやって止めていいか分らない人々、「馬に乗れる」とは言わないでしよ。自動車だって、動かせるけど、ブレーキの踏み方を覚えてない人に免許はくれませんよね。でも原発が一旦事故になったら、もう誰にも停められないんです。そんなもの、作る方が間違ってるのに。
    (引用終わり)
    1990年3月時点で、こういう言葉が出てくるんだから、赤川次郎ってやっぱり先見の明があるね。

  • 新興宗教の教祖の代理をする天使。
    犯罪さえからんでいなければ,これほどの適職はないだろう。

    実際に教祖自体は犯罪に手を染めていないらしい。

    新興宗教の深部をえぐりだす。
    社会派の一歩手前の物語。

    だいどんでんがえしは何だろう。

  • 話の展開が予想と違ってたりして面白かった。

  • いきなり3から読みました。ちゃんと1から読みたい、な!

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

赤川 次郎(あかがわ じろう)
1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。
代表作「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。
執筆作は500作を超え、累計発行部数は3億を突破。メディア化された作品も数え切れない。

天使は神にあらず (角川文庫)のその他の作品

赤川次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする