人形たちの椅子 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.33
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (426ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041497807

作品紹介・あらすじ

永瀬敦子はK化学工業の受付嬢、B・Fは庶務課の有田だった。アメリカから重要な客があるというその機会をとらえて、閉鎖が決まった長野工場の組合員が抗議に上京。ロビーで会社側ともみ合いになり、有田は組合員の一人を負傷させた。一か月後、高校生くらいの少女が受付を訪れ、「長野から上京した父が、帰って来ない」と訴えた。課長は、知らぬ存ぜぬの構えだったが、敦子は背後の影を感じた。事件をもみ消そうとする会社側、その圧力に押しつぶされそうになる敦子。有田との葛藤に苦しみながらも、敢然と事件の真相に迫る敦子と少女。真実の愛とロマンを謳いあげて、赤川ミステリーの新境地を開いた、会心の推理秀作登場。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • '93.2読了。
    手放し本。会社に尽くした結果がこれ。誰が悪いとも言えなくて虚しい。

  • 企業の受付の仕事をしている女性の物語。

    工場を閉鎖して,仕事を紹介しないという事態から,一転して違う方向へ話が展開する。

    行方不明になった父を探す娘。

    事件はどこへ発展するのだろうか。

    赤川次郎らしく,社会性が薄められ,人間性が表に出た読み易い本だ。

    唯川恵が解説を書いていて、受賞したときの審査委員は親も同然との事。
    間接的な弟子から見た師匠像が浮き出て来ているよい解説だ。

    誰が赤川次郎を乗り越えられるか心配だったが,候補者がいることが分かった。

  • (メモ:中等部2年のときに読了。)

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

赤川 次郎(あかがわ じろう)
1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。
代表作「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。
執筆作は500作を超え、累計発行部数は3億を突破。メディア化された作品も数え切れない。

人形たちの椅子 (角川文庫)のその他の作品

赤川次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする