人形たちの椅子 (角川文庫)

著者 : 赤川次郎
  • 角川書店 (1992年12月発売)
3.33
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :44
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (426ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041497807

人形たちの椅子 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • '93.2読了。
    手放し本。会社に尽くした結果がこれ。誰が悪いとも言えなくて虚しい。

  • 企業の受付の仕事をしている女性の物語。

    工場を閉鎖して,仕事を紹介しないという事態から,一転して違う方向へ話が展開する。

    行方不明になった父を探す娘。

    事件はどこへ発展するのだろうか。

    赤川次郎らしく,社会性が薄められ,人間性が表に出た読み易い本だ。

    唯川恵が解説を書いていて、受賞したときの審査委員は親も同然との事。
    間接的な弟子から見た師匠像が浮き出て来ているよい解説だ。

    誰が赤川次郎を乗り越えられるか心配だったが,候補者がいることが分かった。

  • (メモ:中等部2年のときに読了。)

全3件中 1 - 3件を表示

人形たちの椅子 (角川文庫)のその他の作品

赤川次郎の作品

人形たちの椅子 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする