三毛猫ホームズと愛の花束 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.37
  • (8)
  • (19)
  • (53)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 291
感想 : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041497951

作品紹介・あらすじ

結婚相談所〈Kブライダルセンター〉に届いた一通の脅迫状、その直後、センターのOLが殺され死体の上に花束が! 捜査のため片山兄妹はお見合いパーティへ……お馴じみ一行の大活躍。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • とにかく三毛猫ホームズシリーズは幼少期に読み漁った
    片山刑事に晴美、石津さんと名前を見ただけで
    当時熱心に読んでいた頃を思い出した

    あっという間に読んじゃったけど
    ちょっと難しい社会派の作品とかサイコ系とか読了して疲れたらブレイクタイム用としてちょこちょこ読んでいきたいかも

    片山義太郎大好き~~~!!!

  • 短編集。割と全部面白かった。殺人の理由、恋愛のもつれが多いな。実際にもそうなのかな。誰でも良かった、とかは小説になりにくいもんな。

  • 結婚相談所〈Kブライダルセンター〉に届いた一通の脅迫状、そしてその直後、センターのOLが射殺され、死体の上には花束が。さっそく捜査に乗り出した片山兄妹は上司の指令でお見合いパーティに出席、妹・晴美を熱烈恋愛中の石津刑事も泣く泣くつき合うが、やはり頼りになるのは三毛猫ホームズ。片山が女性と二人きりになっている間に、パーティに凶悪な男が乱入するが。お馴じみの一行が今回もハラハラしながら大活躍、超人気シリーズの第15弾。

  • 読書録「三毛猫ホームズと愛の花束」3

    著者 赤川次郎
    出版 角川文庫

    P51より引用
    “「分かったから、早くお茶漬けを食わしてくれ」”

     目次から抜粋引用
    “三毛猫ホームズの名騎手
     三毛猫ホームズの夜更かし
     三毛猫ホームズの幽霊城主
     三毛猫ホームズと愛の花束”

     警視庁捜査一課の刑事とその妹、そして三毛猫ホームズの3人家
    族を主人公とした、短編ミステリー小説集。
    シリーズ第15弾、全4話。
     ある寒さが強い二月のよる、仕事を終えて一杯やってから家路
    に着いていたサラリーマンが見かけた、目を疑うものとは…。
    (三毛猫ホームズの名騎手)

     上記の引用は、妹に夜食のお預けを食らっている主人公の一言。
    何かしょっ中お茶漬けを食べているシーンが出てくる気がするの
    ですが、お茶漬けやおかゆを食べる機会が多すぎるのは、胃腸に
    よろしくないと思います。まあ夜食なら仕方がないのですが。
     全4編なので、短編と言うよりは中編になるのでしょうか?まあ
    このへんは読む人のさじ加減だとは思いますが、多少長くても気
    持ちよく読めるのは変わりません。

    ーーーーー

  • 推理小説というとに、何か暗い印象がありました。
    「名探偵コナン」というアニメが、その既成概念を打ち破ってくれました。
    海外の小説では、「ココとヤムヤム」が登場する「猫が***」シリーズも、
    暗さがないことに気がつきました。

    その後、三毛猫ホームズシリーズを本格的に読み始めたので、軽妙なところが気に入っています。
    人が何人亡くなっても、重苦しく感じさせない描写方法にいところがない。

    三毛猫ホームズの超能力ともいえる行動、
    晴美さんの力強さ、明るさ、前向きなところ、
    片山刑事の何も考えないように見えるところ、
    石津刑事の食べるものしか考えないところ。
    絵画、音楽の話題とともに、女性に関する話題も多い。

    道具だてがそろっています。

    片山刑事は女性恐怖症と三毛猫ホームズの設定で、今回も、結婚にまつわる事件があります。

    三毛猫ホームズの名騎手
    三毛猫ホームズの夜ふかし
    三毛猫ホームズの幽霊城主
    三毛猫ホームズと愛の花束
    の4作品が入っています。

    登場人物に女性が多い、のはなぜだろう。

    追記:
    三毛猫ホームズを全巻読んで、2度目を読んでいます。
    晴美さんと猫のホームズが主人公だということがよくわかりました。

  •  短編集です。
     相変わらず、ユーモアのある口調で、いろんな事件をかいていらっしゃる赤川次郎さん。今回は、馬が出てきたりしてちょっと話が突飛すぎる気もしましたが、ここまでくると一種のファンタジーだと割切るのがいいんでしょうねえ。
     片山さんが妹思いだってコトは、よくつたわったんですが、一番よかったなと思ったのは、泥棒さんが濡れ衣を着せられそうになったところを、片山さんが助けるところ。
     親子の愛情が、さりげなく、だけど熱烈にかいてあります。
     あっさりいした口調ですが、情緒たっぷりな表現もあります。
     それに、アクションシーンが、極端に少ないのも、このシリーズの特徴なんでしょうか。
     それとも、赤川次郎さんの個性?
    異世界ファンタジーなど、描写が重要な位置を占める作品は、結構苦手っぽい感じがする文体だなと思いました。
     ちょっとばかり、物足りないかな。

  • 短編集。表題作、結婚相談所におじいさんがのりこんでくる。

  • 死体の上に花束置くなんて、なんて悠長な…ロマンチックな犯人だろう。

  • 2004年6月4日

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1948年福岡県生まれ。1976年に『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。「四文字熟語」「三姉妹探偵団」「三毛猫ホームズ」など、多数の人気シリーズがある。クラシック音楽に造詣が深く、芝居、文楽、映画などの鑑賞も楽しみ。2006年、長年のミステリー界への貢献により、第9回二本ミステリー文学大賞を受賞。2016年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。2017年に著作が600冊を突破した。

「2022年 『三姉妹、恋と罪の峡谷 三姉妹探偵団26』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤川次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×