行き止まりの挽歌 (角川文庫 緑 500-4)

著者 :
  • KADOKAWA
3.25
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041500040

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 栗本薫らしさを感じるよりも、栗本薫の悩みが表出したような作品かもしれないと感じた。

    暴力刑事、暴力刑事への理解を持ちつつも正義感を優先させようとした同僚刑事、暴力団の罠にはまって人を殺した少女。

    どれも栗本薫の分身のようだ。
    同僚刑事は配偶者を誘拐されて暴力刑事を裏切り、暴力刑事は人を殺した少女が暴力団から切られた事態で少女を守ろうとし、少女は逃走中に死亡する。

    栗本薫の美学なのかもしれない。
    誰も自分自身として生き残れない。

    話の展開の劇的なことがすごく、繋がりも違和感がなく、文学としては評価が高い。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

東京都生まれ。早大卒。江戸川乱歩賞、吉川英治文学新人賞受賞。中島梓の筆名で群像新人賞受賞。『魔界水滸伝』『グイン・サーガ』等著書多数。ミュージカルの脚本・演出等、各方面でも活躍。

「2017年 『ムーン・リヴァー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

行き止まりの挽歌 (角川文庫 緑 500-4)のその他の作品

行き止まりの挽歌の詳細を見る 単行本 行き止まりの挽歌 栗本薫

栗本薫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする