魔境遊撃隊 第2部 (角川文庫 緑 500-6)

著者 :
  • KADOKAWA
3.33
  • (0)
  • (7)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 62
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041500064

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • S.60.9.18 読了。
    ホントに面白かったみたいで、一気に読み終えている。

  • 第2部。後半です。
    主人公はじめみんな津波に巻き込まれて(?)謎の海底都市へ飛ばされてしまいました。そして謎の恐竜や謎の人間(?)達が出現。さらに謎の都市の奥には謎の怪物が。次々といろいろ起こって飽きさせません。しかし謎が多い。笑
    結局謎の気持ち悪い怪物はクトゥルーの神だったようです。私はクトゥルー神話は詳しくないのですが、そんなに気持ち悪いのか。
    そして、はたして主人公達は無事地上へ戻れるのでしょうか???
    なんだか盛り沢山の話でしたが、でもすらすらと、とても面白く読めましたね。

  • 説明
    ぼくこと作家、栗本薫は、美少年・印南薫が率いる探検隊の一員として、遥か南太平洋上の孤島で巨石文化の残る、セント・ジョセフ島まで来てしまった。

  • S.60.9.18 読了。
    ホントに面白かったみたいで、一気に読み終えている。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

東京都生まれ。早大卒。江戸川乱歩賞、吉川英治文学新人賞受賞。中島梓の筆名で群像新人賞受賞。『魔界水滸伝』『グイン・サーガ』等著書多数。ミュージカルの脚本・演出等、各方面でも活躍。

「2019年 『キャバレー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

栗本薫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×