魔剣 2 朱雀ノ巻 (角川文庫 緑 500-10)

著者 :
  • KADOKAWA
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041500101

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 主人公の活躍で少しは話が整理されてきて、さて越後の村上、敵の本拠へ舞台が移る、のか。という部分で2巻終了、未完、というこの作品。何が目的なのか不明な髑髏の剣士や、黒の旦那とかはすごく気になる。あとがきにある有名人2人は、1巻の噂話にちょろっと出てきた徳川吉宗(将軍)と大岡忠相(江戸町奉行)かなぁ。だとすると、その正体は誰なんだろう。しかし、大風呂敷をひろげる部分(1巻)より話を整理する部分(2巻)の方が面白くなくなるのは、どうにかならんもんかしら。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

東京都生まれ。早大卒。江戸川乱歩賞、吉川英治文学新人賞受賞。中島梓の筆名で群像新人賞受賞。『魔界水滸伝』『グイン・サーガ』等著書多数。ミュージカルの脚本・演出等、各方面でも活躍。

「2019年 『キャバレー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

栗本薫の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×