魔界水滸伝〈1〉 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.33
  • (1)
  • (3)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :36
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (367ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041500170

作品紹介・あらすじ

夜毎、ぬめぬめと体にまとわりつく不快な夢。"目覚めよ、古の者の裔よ"と耳元に囁きかける声。いま、日本全土の妖怪たちが時空を超えて蘇りつつあった。過去、先住民族として栄華を誇ったにもかかわらず、現代では僅かに民話伝説の類の中でしか痕跡を認められない魔界の使者たちが、再びその復権を求めて胎動しはじめたのだ。-妖怪たちの大同団結。そして妖怪大戦争がはじまる…。絢爛にして壮大なる伝奇SFのシリーズ第一弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 内容(「BOOK」データベースより)
    夜毎、ぬめぬめと体にまとわりつく不快な夢。“目覚めよ、古の者の裔よ”と耳元に囁きかける声。いま、日本全土の妖怪たちが時空を超えて蘇りつつあった。過去、先住民族として栄華を誇ったにもかかわらず、現代では僅かに民話伝説の類の中でしか痕跡を認められない魔界の使者たちが、再びその復権を求めて胎動しはじめたのだ。―妖怪たちの大同団結。そして妖怪大戦争がはじまる…。絢爛にして壮大なる伝奇SFのシリーズ第一弾。

    高校生の時にグインサーガではまって、既刊を読んでしまった為魔界水滸伝にも手を出しました。中二病を大いに刺激されて現実に戻れなくなりそうでした。

  • 怪奇小説? これといい、幻魔対戦といい、この手の話は最初だけだなあ。10巻程度まで読んだ。

  • 栗本薫さんのSF伝奇小説。未完です。人間より古くから地球に住んでいた先住者(日本古来の妖怪たち)と、異次元からの侵略者クトゥルーの神々と人間の、地球の覇権をかけた三つ巴の戦いを書いています。永井豪先生の表紙・挿絵が圧巻です。
    平凡で気の弱い普通の少年伊吹涼と、左翼ゲリラ出のルポライター安西雄介と天才民間学者加賀四郎が出会い、おどろおどろしい不思議な事件に巻き込まれてゆきます。

全2件中 1 - 2件を表示

魔界水滸伝〈1〉 (角川文庫)のその他の作品

栗本薫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

魔界水滸伝〈1〉 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする