魔界水滸伝〈4〉 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.50
  • (0)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041500200

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 内容(「BOOK」データベースより)
    妖怪大戦争に巻き込まれ、風前の灯となった人類を救うため、ルポライターの安西雄介は、仲間を集めて特殊軍団を結成し、エジプトへと旅立つ。ミイラが生き返ったという情報や、涼の弟の風太が『火の神の使者』を率いているらしいといった噂の確認のためであった。が、行手に待ちうける恐るべき魔手―飛行機を破壊され、砂漠をさ迷う彼らの目前には、巨大にして奇怪な怪物の姿が…。はたして人類の運命は?現代の語部が贈る、人気絶頂の伝奇SF巨編、第4弾。

    段々と思いだせないエリアに差し掛かって来たぞ。加賀四郎を忘れちゃいけないですよね。そしてクトゥールの神が出てきたんですねナイアルラトホテップ。加賀先生好きなキャラでしたねー。突飛な事ばっかり言うけど有能で優しい。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

東京都生まれ。早大卒。江戸川乱歩賞、吉川英治文学新人賞受賞。中島梓の筆名で群像新人賞受賞。『魔界水滸伝』『グイン・サーガ』等著書多数。ミュージカルの脚本・演出等、各方面でも活躍。

「2019年 『キャバレー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

栗本薫の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×