魔界水滸伝〈12〉 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.50
  • (0)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041500309

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 内容(「BOOK」データベースより)
    198X年、クトゥルーの侵寇による大壊滅の年より1年の月日が流れた。営々と築きあげた人類文明は一朝の内に灰に帰り、回復不能な被害を受けた―かに見えた。だが豪州には『人類戦線』が、遥か月面にはWWSAが、太平洋上の潜水空母アーク号には加賀四郎率いる“地球軍”の姿があった。《ダーク・パワー》の席巻を被った日本には、安西が存在を超えるべく悟りの中にいた。そして北斗は魔界の轍から、新たなる闘いの時を待していた。ここに時空を越えた壮大なる妖怪戦争の火蓋が切って落とされたのだ。現代の語部が放つ空前の伝奇SF巨編、第2部「地球聖戦編」待望の開幕。

    この辺から記憶があやふやになります。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

東京都生まれ。早大卒。江戸川乱歩賞、吉川英治文学新人賞受賞。中島梓の筆名で群像新人賞受賞。『魔界水滸伝』『グイン・サーガ』等著書多数。ミュージカルの脚本・演出等、各方面でも活躍。

「2019年 『キャバレー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

栗本薫の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×