魔界水滸伝〈17〉 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.38
  • (0)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041500354

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 内容(「BOOK」データベースより)
    突如、人界と魔界が遊離し始めた。神州の〈会〉ポイントは何処も虚無へと堕ち、魔都パリーも地殻変動に呑まれ朽ちてゆく。一方、魔界の深奥、怨敵クトゥルーの本殿ルルイエへと到達した加賀と安西。そこには、人類最後の尖兵、みづちの若長・多一郎の変わり果てた姿があった。加賀は思惟と叡智の全てを賭けて弁舌する。これに感応し悟入した多一郎そして安西は、自らの姿を超エネルギー体へと変貌させてゆく。谺する烈日の叫び。時間と空間の一切が、この目眩く奔流に巻きこまれ、世界は再び大いなる滅裂へと向けて胎動し始めた―。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

東京都生まれ。早大卒。江戸川乱歩賞、吉川英治文学新人賞受賞。中島梓の筆名で群像新人賞受賞。『魔界水滸伝』『グイン・サーガ』等著書多数。ミュージカルの脚本・演出等、各方面でも活躍。

「2019年 『キャバレー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

栗本薫の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×