町 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川書店
2.79
  • (1)
  • (2)
  • (21)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 98
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041500538

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 内容紹介
    貴広は、恋人の知佳子を殺すため、彼女を小さな町へドライブに連れ出した。だが、たどり着いた町は、何かがおかしかった…。

  • じわじわ来るものかと思ったら、スプラッター系のホラーだった。

  • 千と千尋の神隠しを思い出す。
    怖い話にしようと思えば、できる。
    登場人物を描写すれば怖くなる。

    筆遣いひとつで、ホラーにもなれば、ファンタジーにもなる。

    知らない町そのものがホラーなのだと思った。

  • ホラー系の小説が読みたくてこの本を購入しました。内容としては特にひねりや驚愕のオチがあるわけでもなく…。表現が少し生々しいせいか、どちらかというと全体的にグロテスクな印象を受けました。読んだあとの感想として簡単に言えば「ストーリーよりグロテスクな表現でホラーを演出している」といった感じですね。そういうのが苦手でなければ暇潰し程度に読むくらいがちょうどいいのではと思います。ただし期待はあまりしないほうがいいがも…?

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

東京都生まれ。早大卒。江戸川乱歩賞、吉川英治文学新人賞受賞。中島梓の筆名で群像新人賞受賞。『魔界水滸伝』『グイン・サーガ』等著書多数。ミュージカルの脚本・演出等、各方面でも活躍。

「2019年 『キャバレー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

栗本薫の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×