接吻 栗本薫初期短編集 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.75
  • (4)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 21
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041500651

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 栗本薫の原点を知るための資料。
    内容については,

    1 同じ世代の人間としての共感
    2 同じ種類の物事に興味を持った人間としての共感
    3 同じ方向性を持っている人間としての共感

    の,いずれかがないと評価できないかもしれない。

    2は、文学、音楽、芝居,映画,漫画などの仕事としての領域とそれ以外に分かれるかもしれない。
    3は、時代を記録しよう、過去を描写しよう,未来を想像しようというような方向と、人間の生き方に分かれるかもしれない。

    合わせて6つの分類に入らない人にとって,どういう作品であるかは分からない。

  • ふと気が向いたので。

    やっぱりどうしても、

    この方の文章はすきになれないなと思いました。

    あとがきの(爆)の多用も不愉快極まりない…

    しかし一時代を築いたひとなんだと思うと、
    尊敬の念を感じずにはいられません。

    が、あたしのツボには全くもって合いません。

  • 書かれた当時の年齢別にまとまっている短編集。美しいく鋭い感性が垣間見える鋭い筆致は感服。
    年齢ゆえか、純粋さも相まって珠玉の短編集となっている。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

東京都生まれ。早大卒。江戸川乱歩賞、吉川英治文学新人賞受賞。中島梓の筆名で群像新人賞受賞。『魔界水滸伝』『グイン・サーガ』等著書多数。ミュージカルの脚本・演出等、各方面でも活躍。

「2017年 『ムーン・リヴァー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

栗本薫の作品

ツイートする