私、プロレスの味方です―金曜午後八時の論理 (角川文庫 緑 502-1)

著者 :
  • KADOKAWA
3.36
  • (3)
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 21
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041502013

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1970年代のプロレス論。プロレス論ではあるが、あらゆるスポーツの根底にある「勝敗」「強弱」という概念について語られているため、決して小さな箱庭の話ではない。
    スポーツ倫理を考える上での基調な一冊。山下洋輔の解説も良い。ジャズとプロレスの相似性、いやいやジャズだけじゃないんじゃないかという話には全く同意できる。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1940年東京生れ。慶応大学文学部卒業。『時代屋の女房』で直木賞、『鎌倉のおばさん』で泉鏡花賞受賞。著書に『アブサン物語』『野良猫ケンさん』『老人の極意』『北の富士流』『アリと猪木のものがたり』等。

「2018年 『老人のライセンス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

私、プロレスの味方です―金曜午後八時の論理 (角川文庫 緑 502-1)のその他の作品

村松友視の作品

ツイートする