村松友視からはじまる借金の輪 (角川文庫)

  • 角川書店
3.17
  • (1)
  • (0)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041502129

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新しいタイプの本。
    次々とまわるというシステムは斬新だった。
    もう少し中身の雰囲気がつかめなかったのが残念。

  • 借金申込の数珠つなぎだなんて、なんてシュールな企画!
    けっこうみなさんノリノリで、楽しんで書いているのが感じられる。
    個人的にはYOUとみうらじゅんがツボだった。
    2010.08.30読了。

  • 企画が抜群だ。借金話なのに、楽しく読めるんだから不思議だ。この企画にノった参加者自体が楽しんでるっていう感じが伝わってくる。なかでも秀逸なのは、えのきどいちろうさんかなぁ。ハズしてるのは、明らかに野口五郎。あ、エド・ツワキって、原田知世と結婚した人っすね。YOUに借金依頼してるよ(笑)。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1940年東京生れ。慶応大学文学部卒業。『時代屋の女房』で直木賞、『鎌倉のおばさん』で泉鏡花賞受賞。著書に『アブサン物語』『野良猫ケンさん』『老人の極意』『北の富士流』『アリと猪木のものがたり』等。

「2018年 『老人のライセンス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村松友視の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする