甦った脳髄 (角川文庫 (5642))

著者 :
  • 角川書店
3.33
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041504116

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • '70年代的エロ・グロ・ナンセンス。

    オカルト的要因をオチにした1篇を除いて、ホラー的な展開でも最後に合理的解釈をつけて(実のところ荒唐無稽なトンデモ学ではあるが)ミステリ仕立てとはされている。どの作品にも出て来るエロ描写は、ま、この時代の“オトナ”読者へのよくあるサービスだったんだろう。「コイッス」という表記にじわじわと笑いが込み上げてきてしまうが。

    『もっと厭な物語』の「皮を剥ぐ」で久々に草野唯雄作品を目にして、選集なり出ててもいいのになと思ったが、今回短編集を通読してみてわかったのは、現在じゃまずウケないだろうな、と。とは思いつつも、パルプホラー的感覚で再評価されたり……しませんかね。

全1件中 1 - 1件を表示

草野唯雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×