風にころがる映画もあった (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.08
  • (1)
  • (4)
  • (30)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 92
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041510056

作品紹介・あらすじ

'70年代の後半、椎名さんが、映画を撮ろう!という一念に燃えた、汗と感動の記録である。子どもの頃から動く画像にとりつかれ、いくつかの段階を経て、最終的に目指すのは16ミリ映画製作!だ。「創る」ことへのひたむきなパワーと一抹の空しさを軽快に描いた、克美荘以後の、もうひとつの輝やかしい青春記である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 椎名誠の映画に関する話。おもろかった。

  • 父親が椎名さん好きなのであんまり言いたくないけど、シーナさんの文章は読んでて元気が出ますよね。漂う男らしさに憧れちゃいますね。

  • 1997年6月読了。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1944年、東京生まれ。作家。「本の雑誌」初代編集長。写真家、映画監督としても活躍。『犬の系譜』で吉川英治文学新人賞を、『アド・バード』で日本SF大賞を受賞。近著に『あやしい探検隊 台湾ニワトリ島乱入』『あやしい探検隊 済州島乱入』『そらをみてますないてます』『国境越え』『にっぽん全国 百年食堂』『三匹のかいじゅう』『ぼくがいま、死について思うこと』『おれたちを笑え! わしらは怪しい雑魚釣り隊』『雨の匂いのする夜に』『おなかがすいたハラペコだ』など多数。

「2018年 『地球上の全人類と全アリンコの重さは同じらしい。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

風にころがる映画もあった (角川文庫)のその他の作品

椎名誠の作品

ツイートする