発作的座談会〈2〉いろはかるたの真実 (角川文庫)

  • 角川書店 (2000年8月発売)
3.33
  • (4)
  • (7)
  • (27)
  • (2)
  • (0)
  • 89人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041510155

発作的座談会〈2〉いろはかるたの真実 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2000年9月読了。

  • このほんは、随分前に買ってあったのだけど、ほんの2週間ほど前に読み始めた。そしたら新刊『帰ってきちゃった発作的座談会』が発売されることを知った。ぐーぜんだったけど、すぐにNETで注文した。もちろん 本の雑誌社製(製っていうかぁー?)で、こちらは三日ほど前に届いた。4人のサイン本なのだ!サインをするから、そのインクが本に写らないように「紙」がはさんである。この紙には「お買い上げ ありがとうございました」という言葉とともに、サーノ画伯のミホコさんの絵が描いてある。なぜか、おとこはみんなうなだれているらしい。こっちも宝物になるんだ。中身。あいかわらずバカなことをくっちゃべっている4人なのだ。あっ、どっちがどう先か後かわかんないけど、まあいいか。「牛に引かれて善光寺」ってとこで、サーノ画伯が「善光寺に行こうとしたのだけど、途中で牛に轢かれてしまった」と言ったとき。笑ったさあ。大声で わははは って笑ったぞ。自分の部屋だったのだけど、おもわず廻りの部屋を気にしてしまった。他にもおもしろいところは山ほどあってここには書ききれないので、きょうーみのあるひとはすぐに走っていって本屋さんで買ってください。ついでに『帰ってきちゃった発作的座談会』もどうぞ。4人のサインはないだろうけど、やはり面白いぞ。 と思う。

  • これ案外大好き。

全3件中 1 - 3件を表示

椎名誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

発作的座談会〈2〉いろはかるたの真実 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする