発作的座談会〈2〉いろはかるたの真実 (角川文庫)

  • 角川書店
3.32
  • (5)
  • (8)
  • (27)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 109
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041510155

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日曜日の夕方、温泉街の宿に集まった四人の男たち。風呂からあがりビールをあおり身も心もゆっくり解きほぐされた頃、予習、展望全くナシ、の座談会が幕を開く。「忘年会と新年会はどちらがエライか」「もし夜がなかったら…」「いい記念日、悪い記念日」等々、日頃からどうしても解決したかった人生の本質を、いーやホントは、どーでもいいに違いない話題を朝まで熱く語り尽くす。ゆるーく盛り上がる行く先知らずの言葉のライブ、完全パックでお届けします。(裏表紙)

    うーん、1のが良かった。
    「どちらがえらいか」みたいな二者択一ばかりだったからだろうか。

  • 2000年9月読了。

  • このほんは、随分前に買ってあったのだけど、ほんの2週間ほど前に読み始めた。そしたら新刊『帰ってきちゃった発作的座談会』が発売されることを知った。ぐーぜんだったけど、すぐにNETで注文した。もちろん 本の雑誌社製(製っていうかぁー?)で、こちらは三日ほど前に届いた。4人のサイン本なのだ!サインをするから、そのインクが本に写らないように「紙」がはさんである。この紙には「お買い上げ ありがとうございました」という言葉とともに、サーノ画伯のミホコさんの絵が描いてある。なぜか、おとこはみんなうなだれているらしい。こっちも宝物になるんだ。中身。あいかわらずバカなことをくっちゃべっている4人なのだ。あっ、どっちがどう先か後かわかんないけど、まあいいか。「牛に引かれて善光寺」ってとこで、サーノ画伯が「善光寺に行こうとしたのだけど、途中で牛に轢かれてしまった」と言ったとき。笑ったさあ。大声で わははは って笑ったぞ。自分の部屋だったのだけど、おもわず廻りの部屋を気にしてしまった。他にもおもしろいところは山ほどあってここには書ききれないので、きょうーみのあるひとはすぐに走っていって本屋さんで買ってください。ついでに『帰ってきちゃった発作的座談会』もどうぞ。4人のサインはないだろうけど、やはり面白いぞ。 と思う。

  • これ案外大好き。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1944年東京都生まれ。作家。写真家、映画監督としても活躍。「本の雑誌」初代編集長。『さらば国分寺書店のオババ』(1979年)でデビュー。『犬の系譜』で吉川英治文学新人賞を、『アド・バード』で日本SF大賞を受賞。小説、随筆、紀行文、写真集など著書多数。近著に『幕張少年マサイ族』(東京新聞)、『南の風に誘われて』(新日本出版社)、『漂流者は何を食べていたか』(新潮社)など。

「2022年 『シルクロード・楼蘭探検隊』 で使われていた紹介文から引用しています。」

椎名誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
沢野ひとし
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×