むはの断面図 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.13
  • (0)
  • (4)
  • (19)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 64
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041510186

作品紹介・あらすじ

人生は旅だ酒だ、そしてたまには映画と本もいいものだ…!成田空港に溢れんばかりの新婚バカカップルに憤り、はたまたふと訪れた山荘で、思いがけない美人姉妹に出会って茫然自失。パプア・ニューギニアでサメ獲りに挑んだその一週間後、厳寒のシベリアでウオッカをのみすぎ、ぶったおれ…。日本のすみずみ、世界の果てまで縦横無尽に駆けめぐる、謎の「むは」男、シーナ氏の疾風怒涛の日々。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 旅や酒、映画、本にまつわるエッセイ集。やっぱり椎名誠の文章には中毒になってしまう。文章が面白いし、椎名誠の行動や考えもいいなぁと思う。「むははは日記」も収録されていて、旅から旅へのドタバタな日々が克明に記録されている。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1944年東京都生まれ。作家。写真家、映画監督としても活躍。「本の雑誌」初代編集長。『さらば国分寺書店のオババ』(1979年)でデビュー。『犬の系譜』で吉川英治文学新人賞を、『アド・バード』で日本SF大賞を受賞。小説、随筆、紀行文、写真集など著書多数。近著に『幕張少年マサイ族』(東京新聞)、『南の風に誘われて』(新日本出版社)、『漂流者は何を食べていたか』(新潮社)など。

「2022年 『シルクロード・楼蘭探検隊』 で使われていた紹介文から引用しています。」

椎名誠の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×