本などいらない草原ぐらし (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.29
  • (0)
  • (8)
  • (20)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 97
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041510230

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 期待した内容ではなかったけど、航海ものや探検ものが好きなんだというのは伝わってきた。 『北京公安局K字牢/高新/徳間書店』について。民主化されていない国で囚われることの恐ろしさが激しく伝わってくるらしい。めちゃ読みたい。

  • 39056

  • 移動本エッセイでした…まあ、他の椎名氏のエッセイと似たような感じですかね。旅に関するアレコレと移動先で読んだ本の感想…特に僕的には感想らしきものは浮かばないです。 ←え??

    あ、いや、決してつまらないというわけじゃなくてまあ、いつもの椎名氏らしいエッセイかな、と…。僕は椎名氏の文章を楽しんでいるのでコレでいいのです…社畜死ね!!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    僕も椎名氏同様、最近小説の方が読めなくなってきましたねぇ…まあ、そういう時期なんだと思うようにはしているんですけれども、どうにも社会人になったからか、ノンフィクション、現実物の方に読書の好みが傾いてきているんですよねぇ…といった感じでさよなら。

    ヽ(・ω・)/ズコー

  • 好きな作家のブックレビュー、いい

  • 10/16

    元本「むはの哭く夜はおそろしい」

  • さらりと、語尾でふざけるところが、
    何とも言えずかっこいい。

    さりげなく、ちくりと皮肉るところが、
    痛快。


    男だな、と思う。

  •  お! 未だ読んでいないシーナの本だ、と文庫ではあったが衝動買いした。しかもWEBのTohan Siteで。  そうするとこれが曲者だった。よくある出版社の作戦に嵌められてしまっていた。 この本は単行本のときの題名を『むはの哭く夜はおそろしい』という。なんだそれなら読んだじゃないか! というわけですが、買ったので悔しいし読んだのはずっと前だからもう一度読む覚悟を決めたのだった。 「本の雑誌」連載の「今月のお話」をまとめた本である。従ってシーナの読んだオモシロ本の紹介がメインとなっている。 シーナが好んで読む本は、誰がよんでも面白いものと、ちょっと偏りすぎていて、それは普通の人はちょっと読まないだろうオイ、という本に大別されると思う。得てして後者の方が多い。まあ有体に言うと、狭く深く掘り下げたタイプの本ですな。 この本の中身はモンゴルの大草原で、ホネフィルム映画『白い馬』を撮っている最中に書いていたものが大半を占める。従いこの文庫版の題名となっている。こっちの題名の方がシックリとくる。単行本の『むはの哭く夜…・』はいったいどういう意味だったのだろう。 草原で一日映画監督の仕事をすると、さすがのシーナも本すら読みたくなくなってしまうほど疲れてしまうご様子だった(心地よい疲れだそうだ:シーナ談) <つぶやき> 何冊かに一冊はシーナ本を読まないと中毒症状が出る様になってしまったのだ! もしシーナが死んだりしたらどうすんだオイ。 しかしまあ300冊ぐらいシーナ本はあるらしいので、またのっけから読み直せばオレが死ぬまでの間はなんとかもつかな…。

  • 2006年12月20日購入。
    2008年6月22日読了。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1944年東京都生まれ。作家。写真家、映画監督としても活躍。「本の雑誌」初代編集長。『さらば国分寺書店のオババ』(1979年)でデビュー。『犬の系譜』で吉川英治文学新人賞を、『アド・バード』で日本SF大賞を受賞。小説、随筆、紀行文、写真集など著書多数。近著に『幕張少年マサイ族』(東京新聞)、『南の風に誘われて』(新日本出版社)、『漂流者は何を食べていたか』(新潮社)など。

「2022年 『シルクロード・楼蘭探検隊』 で使われていた紹介文から引用しています。」

椎名誠の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×