ゼンダ城の虜・走れメルス―野田秀樹戯曲集 2 (角川文庫 (5662))

著者 :
  • 角川書店
3.40
  • (2)
  • (0)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041517024

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「ゼンダ城の虜」ぜったいいつか上演したい作品。“少年はいつも動かない。世界ばかりが沈んでいくんだ。”

  • 相変わらず意味不明の野田ワールドが展開されています。んが、相変わらず私を惹き付けてやみません。ただ感じるだけの演劇ってのはものすごい贅沢なのかも。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

2018年10月現在
東京芸術劇場芸術監督、多摩美術大学教授。
劇作家・演出家・役者。

「2018年 『野田秀樹×鎌田浩毅 劇空間を生きる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

野田秀樹の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×