顔のない刑事 (角川文庫)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
2.80
  • (0)
  • (3)
  • (6)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 47
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (494ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041518168

作品紹介・あらすじ

奥多摩で発見された女の全裸死体。それが事件の始まりだった。北多摩署の香月功刑事は、女と死の直前に関係していたことから被疑者として取り調べを受けた。容疑を晴らすべく、香月は警察手帳を返上、として捜査を開始した。だが、女の生前の足取りを追い、ある暴力団に接触したところ、香月は捕らえられてしまった。直後、白昼に第2の殺人が…!太田蘭三の代表作にして、警察小説の金字塔。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 1979年という書かれた時代を感じさせる古典的なハードボイルド警察小説です。
    最近の警察ものと比較すると設定の無理矢理さが目につくものの、パイオニアと考えれば当時の読者へ与えた興奮が想像できます。

  • 太田蘭三の『顔のない刑事』シリーズ第1作。
    殺人容疑の取調べを受け、辞表を提出し、警察手帳を持たずに独自捜査を始める香月刑事。
    『顔のない刑事』の原点です。
    奥多摩の山が舞台になり、そこから北アルプスへ飛んでいく。山岳描写は少ないですが、娯楽小説として楽しめます。

  • 初めての顔のないシリーズ。昭和の匂いがプンプンする描写が多い。男女の絡みのシーンは濃厚だった。ストーリーはサクサク読める感じ。気晴らしに読むにはもってこいの内容。女を買ってしまった刑事が責任をとるため警察手帳を返し、単独捜査をして事件を解決に導く。単独捜査といっても、結局は所轄の刑事に協力してもらったり、捜査機関と連携したりしているから単独捜査とは微妙。作者の好みが強く出ているシーンも多かった。

  • なんだかなぁ。登場人物の話し方とかが。あんまり好きになれなかった。。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1929年、三重県鈴鹿市生まれ。中央大学法学部卒。同人誌を経て56年、時代小説でデビュー。78年『殺意の三面峡谷』でミステリーの新境地を拓き、『顔のない刑事』が350万部を超える人気シリーズとなる。著書に『誘拐山脈』『白の処刑』『死に花』など多数。

「2016年 『歌舞伎町謀殺 顔のない刑事・刺青捜査』 で使われていた紹介文から引用しています。」

太田蘭三の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×