断罪山脈 顔のない刑事・潜入行 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 21
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041518212

作品紹介・あらすじ

戦時中、指揮官の加賀山に母と妹を惨殺された玉城は、四十数年を経て復讐を果たそうとしていた。だが、有力政治家になっていた加賀山はすでに何者かに殺害され、玉城は逮捕されてしまった。一方、警視庁捜査一課の香月は、暴力団絡みの殺人事件を追い潜入捜査を進めていたが、加賀山事件を調べていた記者が不審死を遂げたことを同級生から聞き、玉城の冤罪に気づく…。警察小説の金字塔"顔のない刑事"シリーズ第6弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ????????浅い。まぁ娯楽作品にああだこうだもないか?いきなり沖縄からのスタート(私が沖縄人)は予期せぬ事でびっくりしたのだけが唯一の感動。

  • 香月シリーズの第6作目

    いつも山が舞台となっていくのだが、だんだん山行は付け足し程度になっていく。
    山岳小説の書棚に入れるのはどうかなとなってくる。

    奥多摩ハイキングで出会った女子大生が複線になっていく。
    また、最後は安達太良山でのやり取りが出てくる。

    また、冒頭から沖縄戦が絡んでくる。

    まぁ、香月は格好良いので、娯楽作品として良しとしましょう。

  • 第6弾。冤罪という重いテーマの割にサックリ読めた。毎回人との出会いが偶然過ぎてつまらないが、そうでないと話が進まず面白くないのかも、と思い始めている。月さんは相変わらずモテモテで、女性を喜ばせつつ、捜査を進展させている。今回は覚せい剤を注射されてしまうがなんとか脱出成功。集中して読めば1日で読了かな。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1929年、三重県鈴鹿市生まれ。中央大学法学部卒。同人誌を経て56年、時代小説でデビュー。78年『殺意の三面峡谷』でミステリーの新境地を拓き、『顔のない刑事』が350万部を超える人気シリーズとなる。著書に『誘拐山脈』『白の処刑』『死に花』など多数。

「2016年 『歌舞伎町謀殺 顔のない刑事・刺青捜査』 で使われていた紹介文から引用しています。」

太田蘭三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×