消えたドライバー (角川文庫 に 4-3)

著者 :
  • KADOKAWA
4.00
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041527030

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 消えたドライバー、死を呼ぶトランク、九時三十分の殺人の三部作。時代背景の描写に古さがあり、懐かしさとともに推理できる楽しさがあった。

  • 消えたドライバー
    死を呼ぶトランク
    9時30分の殺人
    の3作品を収めている。

    消えたドライバーは、
    未解決の事件を残したまま話は終わる。
    読者に推理の余地を残す手法なのだろうか。

    大筋はひとつの解決を見たのだからそれでいいのだろう。
    警察とテレビ局が矛盾せずに動いているのは、やや違和感がある。
    何か軋轢があるのが普通なのではないだろうか。

    それは当事者ではないための思い込みかもしれない。

  • 「テレビ番組の抽選で高価なスポーツカーが当たった男が応募ハガキの住所に存在しないという事件が起き、謎の運転者を探すディレクターの一人が殺された。一方、西伊豆と広島から首のない同一男性のバラバラ死体が発見され、警察は身元確認にやっきになっていた。そして、東京の井の頭公園に浮かんだ18歳の女性の溺死体。―なんの脈絡もない三つの殺人事件がしだいに一点に収束していくサスペンスを描く長篇推理」というのがあらすじ。まったく覚えていません。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

西村京太郎

一九三〇年東京生まれ。六三年オール讀物推理小説新人賞「歪んだ朝」で推理作家としてデビュー、六五年『天使の傷痕』で第一一回江戸川乱歩賞を受賞。八一年『終着駅殺人事件』で第三四回日本推理作家協会賞を、二〇〇四年にはミステリー小説界での多大な功績が称えられ、第八回日本ミステリー文学大賞を、一〇年には長谷川伸賞を、一九年には「十津川警部」シリーズで第四回吉川英治文庫賞を受賞する。二〇二二年三月没。

「2022年 『京都感情案内(下) 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西村京太郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×