恐怖の金曜日 (角川文庫 (5859))

著者 :
  • 角川書店
3.23
  • (4)
  • (5)
  • (11)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 64
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (365ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041527078

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 毎週金曜日に起きる殺人に、日本国中が慄く。
    しかし、全く関連性のない被害者と犯人像に困惑する十津川たち。

    それを「カメラ」というキーワードから特定作業を進めていくと、意外なところから犯人が浮かび上がってくる・・・

    古い小説で、なかなか見えてこない結末にうずうずしましたが、最後の十津川の達成感に「おつかれさま」と声を掛けてあげようと思った。

  • 金曜日の殺人。
    警察による誤認逮捕。

    誰かの陰謀の匂いがするのに,どこかに消えてしまう。
    結局真犯人逮捕に至るが、やや不満も。

  • 曜日の深夜、二週続けて若い女性の全裸暴行殺人事件が発生した。十津川警部の指揮のもと、必死の捜査を開始。そこへ犯人からの殺人予告状が舞い込んだ。ベストセラーの文庫化!(中島河太郎)西村京太郎

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1930年、東京生まれ。公務員生活の後、数々の職業を経て、創作活動に。63年「歪んだ朝」でオール讀物推理小説新人賞、65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞、81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞を受賞。2005年には、日本ミステリー文学大賞が贈られた。著作が600冊を超える国民的推理作家である。

恐怖の金曜日 (角川文庫 (5859))のその他の作品

西村京太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする