殺しのバンカーショット (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.44
  • (2)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041527177

作品紹介・あらすじ

賞金総額5千万円のビッグなゴルフトーナメントの開催2日前に、こんな脅迫状が届いた。脅迫状はこれで3通目。日本ゴルフ連合会理事・吉田は警察に警備を依頼する。だがその吉田も、交通事故で死亡した。吉田の若い美人妻。ゴルフ界の複雑な人間関係。奇妙な殺人の謎。犯人の狙いは何か?様々な思惑をよそに、ゴルフ・トーナメントは予定通り開催されたが-。十津川の推理が冴える、長編サスペンスミステリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ゴルフトーナメント開催中に届く脅迫状。ゴルフ界の複雑な人間関係と犯人の狙いを推理していく。バンカーから出すコツは怖がらないこと。ラフからは慎重に、バンカーからは大胆に。

  • ゴルフもので、死へのワンショット(日本殺人ルート、秘めたる殺人 )を読んだばかりなので似ているなと思った。

    ゴルフにまつわる殺人事件。
    ゴルフ大会の時に,見物者が鏡を使うことは禁止ではないのだろうか。
    ちょっと疑問に思った。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1930年東京生まれ。65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞を受賞。81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞を受賞。2004年には第8回日本ミステリー文学大賞を受賞。トラベル・ミステリーで活躍。

「2018年 『房総の列車が停まった日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

殺しのバンカーショット (角川文庫)のその他の作品

西村京太郎の作品

ツイートする