寝台特急「はやぶさ」の女 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.18
  • (1)
  • (1)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (359ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041527245

作品紹介・あらすじ

大阪鉄鋼の原口企画部長の元秘書小田あかりが、寝台特急「はやぶさ」のロビー・カーで毒入りの缶ビールを飲まされた。かおりは社内で、エリート原口との不倫の噂があった。この事件で、かおりにビールをすすめたカメラマンの古賀が、容疑者として逮捕された。だがその後、同社の企画課長が毒殺され、原口の専用運転手が射殺と、大原鉄鋼関係者の連続殺人事件が…。十津川、亀井の名コンビはこの謎をどうとくか?絶好調のトラベル・ミステリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 寝台特急のサロンカーで毒を飲んだ女性から,犯人に指名された写真家。
    東京でも関係者が死に,十津川警部が捜査にあたる。

    次々に殺されて行くのに,犯人と思われる人を逮捕しないのにやや違和感が。
    女性の関係者が次々に自殺するところはやや違和感が。

    推理小説としては十分な構造だ。

  • 平成2.2.20 7版 470
    大原鉄鋼の原口企画部長の元秘書小田かおりが、寝台特急「はやぶさ」のロビー・カーで毒入りの缶ビールを飲まされた。かりは社内で、エリート原口との不倫の噂があった。この事件で、かおりにビールをすすめたカメラマンの古賀が、容疑者として逮捕された。だがその後、同社の企画課長が毒殺され、原口の専用運転手が射殺と、大原鉄鋼関係者の連続殺人事件が…。十津川、亀井の名コンビはこの謎をどうとくか?絶好調のトラベル・ミステリー。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1930年東京生まれ。65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞を受賞。81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞を受賞。2004年には第8回日本ミステリー文学大賞を受賞。トラベル・ミステリーで活躍。

「2018年 『房総の列車が停まった日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

寝台特急「はやぶさ」の女 (角川文庫)のその他の作品

西村京太郎の作品

ツイートする