急行奥只見殺人事件 (角川文庫)

著者 : 西村京太郎
  • 角川書店 (1989年4月発売)
3.57
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :27
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (289ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041527269

急行奥只見殺人事件 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 上越線小出駅から会津若松までの只見線で、今は廃止となっている急行での時刻表トリック。それに加え秘密に隠されたクラブの存在が、意外な結末に用意されている。

  • ラムネ菓子が印象的だった。
    殺された人の共通の所持品にラムネ菓子がある。

    話のちょうど半分をすぎたところで種明かしがある。
    この作り方,いいなと思いました。

    話はやや暗く,楽しんで読むことはできないが,
    推理小説としての出来はいい方だと思いました。

    鉄道度:4
    推理度:5
    興味:5(特にラムネ菓子)
    登場人物:5(十津川警部の人物像にブレがなければ5にしたい)

    十津川警部愛好家のひいき目かもしれません。

  • 平成9.5.10 23版 480
    只見線は、上越線の小出駅から、会津若松までを走るが、急行「奥只見」は、浦佐から出発し、小出を経て、会津若松まで行く。その浦佐で27歳になる男が殺された。一方、会津若松の鶴ヶ城では、東京で宝石商を営む男の死体が発見された。彼には再婚したばかりの若い美人妻が。また浦佐と会津若松の間の奥只見郷でも、男の水死体が上がった。只見線で何かが起きている!?捜査にのりだした十津川警部の前に、地元警察の厚い壁が…。トレイン・ミステリー。

全3件中 1 - 3件を表示

急行奥只見殺人事件 (角川文庫)のその他の作品

西村京太郎の作品

急行奥只見殺人事件 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする