現金強奪計画―ダービーを狙え (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.33
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 22
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041527399

作品紹介・あらすじ

二十五歳の唐木拓郎は留年を重ねながらも裕福な学生生活を送っていた。しかし退屈な人生を放棄した唐木は悪という冒険に若さを賭けるためにダービーの売上金二十億円の強奪計画を企てた-。完全主義者の唐木は計画実行のため六人の仲間を集め、用意周到な作戦を立てたが、ある日彼のもとへ一通の手紙が届いた。内容は仲間の中に裏切り者がいる事を警告するものであった…。疑心暗鬼の中で一瞬の危険に青春を賭ける七人の男と女。人気絶頂の著者が贈る長編サスペンス。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • イメージ参照(http://kentuku902.seesaa.net/article/387165731.html)
    「ダービーを狙え」を改題

  • 現金強奪の計画が前半に、犯行の実行が後半に、書かれています。
    前半は、官能小説?ってくらいソレっぽい内容です。
    後半の現金強奪はいいテンポで進みます。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

西村京太郎

一九三〇年東京生まれ。六三年オール讀物推理小説新人賞「歪んだ朝」で推理作家としてデビュー、六五年『天使の傷痕』で第一一回江戸川乱歩賞を受賞。八一年『終着駅殺人事件』で第三四回日本推理作家協会賞を、二〇〇四年にはミステリー小説界での多大な功績が称えられ、第八回日本ミステリー文学大賞を、一〇年には長谷川伸賞を、一九年には「十津川警部」シリーズで第四回吉川英治文庫賞を受賞する。二〇二二年三月没。

「2022年 『京都感情案内(下) 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西村京太郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×