夏は、愛と殺人の季節 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.62
  • (4)
  • (1)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041527474

作品紹介・あらすじ

元刑事で私立探偵の橋本は、ある女性から河西弘という男を探して欲しいとの依頼を受け城崎へ向った。ところが河西は二年前の交通事故で既に死亡しており、橋本は釈然としないまま帰京したが、数日後、元上司の十津川と亀井から驚くべき事実を知らされた。橋本に河西探しを依頼した長谷部徳子の絞殺死体が発見されたというのだ-。二年前の交通事故を洗いなおす十津川たちを第二の殺人が襲い、難航する捜査線上に浮ぶ意外な人物に十津川警部の怒りは頂点に達した。長編トラベルミステリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 政治家と暴力団の繋がり。
    背景に,西村京太郎の社会派としての立脚点を問う姿勢があるのかもしれない。

    現実の社会では、埋もれてしまう事件が、
    十津川警部が扱うと解決していく。

    警察の力だけでなく、
    警察を追われた人間に、
    個人のお金を払っても解決しようとする十津川警部。

    正義感を前面に出すのではなく、
    淡々と透明感のある性格で振る舞う。

    西村京太郎の愛好者の満足感は高いだろう。

  • 平成10.3.10 8版 500
    元刑事で私立探偵の橋本は、ある女性から河西弘という男を探して欲しいとの依頼を受け、城崎へ向かった。ところが河西は二年前の交通事故で既に死亡しており、橋本は釈然としないまま帰京したが、数日後、元上司の十津川と亀井から驚くべき事実を知らされた。橋本に河西探しを依頼した長谷部徳子の絞殺死体が発見されたというのだ――。二年前の交通事故を洗いなおす十津川たちを第二の殺人が襲い、難航する捜査線上に浮ぶ意外な人物に十津川警部の怒りは頂点に達した!長編トラベルミステリー。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1930年、東京生まれ。公務員生活の後、数々の職業を経て、創作活動に。63年「歪んだ朝」でオール讀物推理小説新人賞、65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞、81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞を受賞。2005年には、日本ミステリー文学大賞が贈られた。著作が600冊を超える国民的推理作家である。

夏は、愛と殺人の季節 (角川文庫)のその他の作品

西村京太郎の作品

ツイートする