日本のエーゲ海、日本の死 (角川文庫)

著者 : 西村京太郎
  • 角川書店 (2000年11月発売)
3.29
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :26
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041527580

作品紹介

新宿のホテルの一室で毒殺事件が発生。その一週間後、"日本のエーゲ海"と呼ばれる岡山県牛窓の展望台で駐車中の車から男の死体が発見された。岡山県警から捜査協力の要請を受けた十津川警部は、二つの事件の被害者がパルテノン1号というヨットを共同所有するメンバーであることを突き止める。しかし、そのヨットは二年前に沈没し、その直後、他のメンバー四人は失踪していることが発覚した!二年前の遭難事故を洗い直す十津川警部の前に、意外な事実が判明し、事態は急展開を告げる。長編トラベル・ミステリ。

日本のエーゲ海、日本の死 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 平成12.11.25 初版 514
    新宿のホテルの一室で毒殺事件が発生。その一週間後、“日本のエーゲ海”と呼ばれる岡山県牛窓の展望台で駐車中の車から男の死体が発見された。岡山県警から捜査協力の要請を受けた十津川警部は、二つの事件の被害者がパルテノン号というヨットを共同所有するメンバーであることを突き止める。しかし、そのヨットは二年前に沈没し、その直後、他のメンバー四人は失踪していることが発覚した!二年前の遭難事故を洗い直す十津川警部の前に、意外な事実が判明し、事態は急展開を告げる。長編トラベル・ミステリー。

全1件中 1 - 1件を表示

日本のエーゲ海、日本の死 (角川文庫)のその他の作品

西村京太郎の作品

日本のエーゲ海、日本の死 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする