闇を引き継ぐ者 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.63
  • (5)
  • (4)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 47
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041527627

作品紹介・あらすじ

人気女性アナウンサーの誘拐事件が発生した。十津川警部率いる捜査一課が事件を担当するが、送りつけられてきた脅迫状には、十津川が数年前に逮捕し死刑になった連続誘拐殺人犯"ジャッカル"の名前が記されていた!「殺人を楽しむために殺す男」と言われ、日本中の女性をパニックに陥れたジャッカル。死刑執行直前まで、服役中の彼の元に通いつめていた男の存在を知った十津川は、2人の関連性を探り始める…。現代社会の病理に蝕まれた猟奇殺人犯の異常心理を、克明に描いた、渾身の長編サスペンス。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 女性を次々と惨殺していく殺人鬼に立ち向かっている北条早苗刑事がすごい。
    スリルがあり中学・高校と何回も読んでました。

  • 西村京太郎にしては珍しく,恐怖小説に近い犯罪推理小説です。
    恐い話が嫌いな方は,読まないことをお勧めします。

    若い女性を殺したり,女性の刑事を精神的,肉体的に追い詰める場面があります。

    西村京太郎は,描写が微に入り細に入りではないので,本格恐怖小説ではないのかもしれません。
    それでも読後は心地よくはありませんでした。

    十津川警部の採った行動は,自分の予測通りだった。
    その後の行動はひょっとしたら,辞職するか,一月自主謹慎するかもしれない。

  • と、いった。

    の行稼ぎがめちゃくちゃ多い!ほとんどそれちゃうんか!ってなる。

    と僕は、いった。

  • 十津川警部モノ史上最大の猟奇殺人で、すっげー印象に残ってる。読んでてマジで怖かったぞw

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

西村京太郎

一九三〇年東京生まれ。六三年オール讀物推理小説新人賞「歪んだ朝」で推理作家としてデビュー、六五年『天使の傷痕』で第一一回江戸川乱歩賞を受賞。八一年『終着駅殺人事件』で第三四回日本推理作家協会賞を、二〇〇四年にはミステリー小説界での多大な功績が称えられ、第八回日本ミステリー文学大賞を、一〇年には長谷川伸賞を、一九年には「十津川警部」シリーズで第四回吉川英治文庫賞を受賞する。二〇二二年三月没。

「2022年 『京都感情案内(下) 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西村京太郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×