伊勢志摩殺意の旅 (角川文庫)

著者 : 西村京太郎
  • 角川書店 (2006年7月1日発売)
3.22
  • (3)
  • (2)
  • (9)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :43
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041527740

伊勢志摩殺意の旅 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とある団体が一つの都市を支配しようと試みる。

    左文字の「盗まれた都市」が思い出されるが、
    こっちの方が現実味があって好きかな。
    カルト宗教団体というのがまた怖い。

  • 東京で亡くなった人が,亡くなる前に「セコ」という言葉を発していたという。

    伊勢では,「せこ」は路地という意味だということが後で分かる。

    岐阜羽島にある健康食品の会社の実態が新興宗教らしい。
    伊勢をめぐる,事件。

    十津川警部と新興宗教団体との抗争。

    新興宗教の問題点がややあいまいかもしれない。
    殺人を犯した人がいるのは分かるが,
    教祖が元凶だというのはやや決めつけのような気もする。

    もう少し,丁寧に問題点を説明した方がいいかもしれない。

全3件中 1 - 3件を表示

伊勢志摩殺意の旅 (角川文庫)のその他の作品

西村京太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

伊勢志摩殺意の旅 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする