湖西線12×4の謎 (角川文庫)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
3.00
  • (3)
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 35
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041527795

作品紹介・あらすじ

日下刑事は、叔父・黒田信行のマンションを訪れた。彼の娘から、父と連絡が取れないと相談を受けたからだ。日下が部屋に入ると、そこには身元不明の死体が横たわっていた!現場に残された謎のアルファベットを手掛かりに、十津川警部は湖西へと飛ぶが、第2、第3の殺人事件も発生し…。-犯人の目的は?謎の文字の意味は?点が線へと繋がった時、恐るべき陰謀が浮かび上がる。傑作トラベル・ミステリ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2016/7/18 46読了

  • 最近、三上本部長の疑問は至極まっとうだと思い始めた。
    警部の推理ってだいぶ無理があるなぁ。

  • 滋賀県の湖西線はほとんど乗ったことがないが,一度乗りたいなと思いました。湖西といえば,やはり琵琶湖なんですね。

    事件は,複雑で,誰が悪者で,誰が殺したかわからないまま展開していきました。

    推理小説の妙なのかもしれませんが,読んでいてやや不安になりました。

    ps.
    一度読んで,amazonにも登録したのにいつの間にか消えている。
    あるところに登録してからamazonに転載しているようにし,さらにそこからmixiなどに転載していたが,amazonよりbooklogに先に転載するようにしはじめた。amazonは毎年,1%くらいづつ登録が消えている。

  • うーん。。。
    やっぱ伊坂幸太郎とかのが面白いかな。
    変に話展開してくし、
    なんか疑問解けないままの部分もあるし。

    うん。
    地元の路線やったけん気になったのさ。

    湖西が舞台になって嬉しい。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1930年東京生まれ。65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞を受賞。81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞を受賞。2004年には第8回日本ミステリー文学大賞を受賞。トラベル・ミステリーで活躍。

「2018年 『房総の列車が停まった日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

湖西線12×4の謎 (角川文庫)のその他の作品

西村京太郎の作品

ツイートする