愛と殺意の津軽三味線 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
2.33
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 24
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041527849

作品紹介・あらすじ

東京都内で4件の連続殺人事件が発生。頭部を鈍器で割られたり、背中をナイフでめった刺しにされたりと陰惨な殺害方法であった。そして犯行時の現場からは、いずれも津軽三味線の調べが聞こえていたという。十津川警部は犯人の強い意志と主張を感じるが、被害者に共通点が見出せず捜査は難航する。十津川は唯一の手掛かり-「三味線の謎」を解くため、青森に向かう。津軽の地で十津川を待つ、驚愕の事実とは。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • わざわざ目立って殺人を犯すというのは
    何だかしっくりこない。

  • 津軽三味線だけがてがかり、でも続く殺人に何も手が打てないと津川たち。

    青森に行ってみてはじめて、わかる真実に十津川も胸を痛めたのではないか。

    十津川の「津軽」三味線への思い入れは、もしかしたら西村氏の思い入れにも近いものがあるのではないか。
    ラストは青森まで追ってもよかったかな。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

西村京太郎

一九三〇年東京生まれ。六三年オール讀物推理小説新人賞「歪んだ朝」で推理作家としてデビュー、六五年『天使の傷痕』で第一一回江戸川乱歩賞を受賞。八一年『終着駅殺人事件』で第三四回日本推理作家協会賞を、二〇〇四年にはミステリー小説界での多大な功績が称えられ、第八回日本ミステリー文学大賞を、一〇年には長谷川伸賞を、一九年には「十津川警部」シリーズで第四回吉川英治文庫賞を受賞する。二〇二二年三月没。

「2022年 『京都感情案内(下) 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西村京太郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×