急行アルプス殺人事件 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.09
  • (3)
  • (0)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 41
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041527856

作品紹介・あらすじ

坂口刑事は故郷の白馬村から急行「アルプス」で東京に戻る途中、乗用車が炎上している現場に遭遇し、運転士や車掌と協力して車の運転席から若い女性を救出する。ところが、その2日後、女性は肺炎で亡くなってしまう。そればかりか、女性を救助した車掌と運転士が相次いで命を落とす。この不吉な出来事の連鎖に不審を抱いた十津川警部は、一連の死を殺人事件と見て捜査を開始する-。傑作鉄道ミステリー短編集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 140427

  • 信州三本、千葉県一本の合計四本の短編集。
    表題作急行アルプス殺人事件は、いまは運転されていない急行アルプスに乗っていた坂口刑事と、車掌・運転士が炎上する車を見つけてしまうところからはじまるミステリー。車に乗っていた女性は死んでしまい、車掌・運転手も謎の死を遂げてしまうところから疑問に思った坂口刑事と十津川が、動く。
    トリックとして面白いのは、「内房線で死んだ女」「あずさ3号殺人事件」。久々に秀逸な時刻表トリックに出会えました。鉄道ファンは必見!?

  • 列車にまつわる4つの短編集。

    標題(収蔵単行本名)
    あずさ3号殺人事件(ハネムーン・トレイン殺人事件)
    急行アルプス殺人事件(恨みの陸中リアス線)
    幻想と死の信越本線(幻想と死の信越本線,)
    内房線で出会った女 さざなみ7号(ハイランド・トレイン殺人事件)

    「急行アルプス殺人事件」は,人助けが殺人の始まりだった話。

  • 4つの短編集。
    どれも列車の知識がないと解けない。すらすら読めた。
    お見舞いにもらって、入院中の気分転換になった。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

西村京太郎

一九三〇年東京生まれ。六三年オール讀物推理小説新人賞「歪んだ朝」で推理作家としてデビュー、六五年『天使の傷痕』で第一一回江戸川乱歩賞を受賞。八一年『終着駅殺人事件』で第三四回日本推理作家協会賞を、二〇〇四年にはミステリー小説界での多大な功績が称えられ、第八回日本ミステリー文学大賞を、一〇年には長谷川伸賞を、一九年には「十津川警部」シリーズで第四回吉川英治文庫賞を受賞する。二〇二二年三月没。

「2022年 『京都感情案内(下) 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西村京太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×