いつかまた、プレイボール (角川文庫 (6243))

著者 :
  • 角川書店
3.30
  • (1)
  • (6)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 64
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041540534

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  プロ野球エッセイ。ファームとベンチを行ったり来たりする選手とか、トレードされまくる流浪の選手とかのエピソードを、ほんのり哀愁を込めて書いてる。マネーボール観たあとだと、クビにする側を完全に悪役だとも思えなくて切なさ倍増。

  • 35年前の本
    山際淳司

    哀愁漂う感じやったり本人のコメントを交えながらやったりが好き。
    でもいかんせん知ってる選手やシーンが全然分からなくて引き込まれるほどではなかった。

  • 平成21年2月3日読了。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

作家。1948年神奈川県生まれ。中央大学法学部卒業後、ライターとして活動。80年「Sports Graphic Number」(文藝春秋)創刊号に掲載された短編ノンフィクション「江夏の21球」で注目を集める。81年同作が収録された『スローカーブを、もう一球』(角川書店)で第8回日本ノンフィクション賞を受賞。NHKのスポーツキャスターとしても活躍。95年5月29日没。著書多数。傑作選に『江夏の21球』『衣笠祥男 最後のシーズン』(いずれも角川新書)。

「2020年 『たった一人のオリンピック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山際淳司の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×