スタジアムで会おう (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.25
  • (2)
  • (5)
  • (19)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 68
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041540602

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 21世紀のちょっと前1990年代にスポットを当てた作品です。


    西武ライオンズの四番打者「清原和博」
    神になったチャンプ「ジョージ・フォアマン」
    天才ジョッキー「武豊」
    スタジアムでは、様々なドラマが生まれ、去っていく。
    スポーツの真髄をついたノンフィクション短編集

  • 平成21年6月20日読了

  • この本の内容はスポーツノンフィクションというジャンルは山際淳司で知った。有名な選手はモチロンのこと、高校野球の無名な選手に対しての丹念な取材。そのとき何を思っていたのか、実際にどうプレイされたのかが精密に再現されていく。また、スポーツでのスタジアムでは新しい出会いがあり、選手たちとふれあい、また同じ仲間と感動できるという出会いがあるよと、いう本です。

  • スポーツノンフィクションというジャンルは山際淳司で知った。有名な選手はモチロンのこと、高校野球の無名な選手に対しての丹念な取材。そのとき何を思っていたのか、実際にどうプレイされたのかが精密に再現されていく。スポーツでは全て一瞬で終わってしまうプレイの中にも様々な思いが錯綜する。山際淳司が亡くなってしまい新刊が出されないのがすごく残念だ。

  • 劇場(スタジアム)では、様々なドラマが生まれ去っていく。感動と興奮に満ちた珠玉のスポーツノンフィクション集。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

作家。1948年神奈川県生まれ。中央大学法学部卒業後、ライターとして活動。80年「Sports Graphic Number」(文藝春秋)創刊号に掲載された短編ノンフィクション「江夏の21球」で注目を集める。81年同作が収録された『スローカーブを、もう一球』(角川書店)で第8回日本ノンフィクション賞を受賞。NHKのスポーツキャスターとしても活躍。95年5月29日没。著書多数。傑作選に『江夏の21球』『衣笠祥男 最後のシーズン』(いずれも角川新書)。

「2020年 『たった一人のオリンピック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山際淳司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部みゆき
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×