ダブルボギークラブへようこそ (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.27
  • (0)
  • (3)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041540626

作品紹介・あらすじ

フェアウェイとは、見てはいけないものを見てしまう場所である。草野球で空振りの三振をしてもどうってことないのに、なぜゴルフとなると、あれほど空振りが恥ずかしいのだろう。不思議でしようがない。グリーンの謎から、ゴルフをする楽しさまで、スポーツエッセイの名手が贈るゴルフをやめられない人のための一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ゴルフをする機会があり、久しぶりに手にとって読んでみた。ゴルフの薀蓄が並んでいて、洒落たエッセイというところ。でもずっと続くと飽きてしまう。週刊誌の連載というところ。

  • 題名のダブルボギークラブはそろそろ卒業したいが、ダブルボギークラブゴルファーだけにクスッと笑えるゴルフエッセイ集である。

    氏のスポーツエッセイは学生時代に随分夢中で読んだが、
    (そういえば『スローカーブを、もう1球』の高崎高校、今日は残念でしたね)
    ゴルフはやったことも、観ることもなかったので未読のままとなっていた。

    80年代から90年代前半に氏が紡ぎだしたスポーツエッセイと同じく、ゴルフプレーヤー山際淳司の視点とゴルフに纏わる挿話を織り交ぜ、ゴルフが楽しくてたまらない感じが、爽やかで、少しクールに描かれている。

    彼の死後、山際的書き手はたくさんいたが、最近はあまり見なくなってきた。
    2010年代には氏のようなスタイルはもう流行らないのか、はたまた、ものまね的メッキは淘汰されてしまうのか。早世が惜しまれる。

    http://www.youtube.com/watch?v=k3kJ0bv9quY

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

作家。1948年神奈川県生まれ。中央大学法学部卒業後、ライターとして活動。80年「Sports Graphic Number」(文藝春秋)創刊号に掲載された短編ノンフィクション「江夏の21球」で注目を集める。81年同作が収録された『スローカーブを、もう一球』(角川書店)で第8回日本ノンフィクション賞を受賞。NHKのスポーツキャスターとしても活躍。95年5月29日没。著書多数。2017年7月に野球短編だけを集めた傑作選『江夏の21球』が角川新書より刊行。

「2018年 『衣笠祥雄 最後のシーズン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ダブルボギークラブへようこそ (角川文庫)のその他の作品

山際淳司の作品

ツイートする