少年ケニヤ 1 (角川文庫 緑 547-1)

著者 : 山川惣治
  • KADOKAWA (1983年9月発売)
4.30
  • (5)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 17人登録
  • 7レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041547014

少年ケニヤ 1 (角川文庫 緑 547-1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小学生の時に読んで面白かったから、アマゾンで買った。絵が立体的で生き生きとしている。ストーリー展開もよい。ただ、少年王者の方が気になりだして、6巻以降は買ってない。

  • 日本の少年が、ケニヤでたくましく育つていくわ

  • 『少年ケニヤ』は、新聞に連載された初めての絵物語だそうです。
    ケニヤの奥地で父とはぐれ、未開の原野や密林でワタル少年が父を探しながら生き抜いていく。


    大学で捨てられることになっていた本で、譲り受けてきました。

    1ページに1枚絵があって、その下に文章がある絵日記のような構成です。
    絵もリアルで勢いがあって、より面白くしてくれます。絵も含めての星5つです。

    まさに王道の冒険ものだったと思います。
    少年が勇気を持って、困難を乗り越えていくところは、それこそ同年代の子供ならワクワクするはず!私はこの歳でページをめくるのが止まらなくなったので、年代も超える楽しさがあると思います。
    それから、野生動物たちの生きるエネルギーを感じました。動物園の動物じゃ怖いなんて思わないもの。

  • ちょっしとた都合で、角川文庫の復刻版をまとめて購入。戦後の作品で、南進論や植民地主義を歌いあげるようなものとは違うけれど、「日本国民はすばらしい!」とまっすぐ主張するところは、昨今のライトノベルの多くで「日本のおたく文化は世界に通用するファンタジーだ」という姿勢と似通っていると思います。形は変われど、プライドをくすぐり、胸を張って生きろというところは同じなのです。

  • 小学生の時に貪るように読んだ。アフリカといえば、少年ケニアの世界しかイメージできない。

    初の読書体験だったんだろうな。子供ができたら、読ませたい。いつかきっと。

  • 小学生の頃、伯父に薦められ読みました。
    20巻程度あったかと思いますが、世界に引き込まれ一気に読んだ覚えがあります。きっと今読み返しても面白い。
    どきどきわくわくが沢山詰まった、勇気と優しさそして少しばかりの厳しさを教えてくれる本です。

  • 子どもの頃に読んだ本は、いつまでも鮮明に残る。
    私の中には極彩色の少年ケニヤが今も残っています。子ども時代におすすめしたい。

全7件中 1 - 7件を表示

少年ケニヤ 1 (角川文庫 緑 547-1)のその他の作品

山川惣治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

少年ケニヤ 1 (角川文庫 緑 547-1)はこんな本です

ツイートする