TOKYO愛情物語 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041552230

作品紹介・あらすじ

口説き文句を並べたわけでもなく、押し問答があったわけでもない。初めて出逢った男と女の、ありふれてイージーな一夜の情事のケースでもとでは、月とスッポンほどの違いがある。ましてや、婚約・結婚・浮気・離婚という人生のターニング・ポイントでの男と女の思惑は、全く異質で深刻で滑稽だ。男からみた女、女からみた男、それぞれのドラマをTOKYOを舞台に描く、7つの愛情物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 婚約・結婚・浮気・離婚について、それぞれ男女の立場から描く短編集。
    作家が女性のせいか、女性のほうが一枚上手に書かれている。
    (図書館)

  • 婚約・結婚・浮気・離婚という人生のターニング・ポイントでの男と女の思惑…男の場合、女の場合、それぞれのドラマをTOKYOを舞台に描く7話

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

森 瑤子(もり ようこ)
1940年11月4日 - 1993年7月6日
静岡県伊東市出身。本名、伊藤雅代。東京藝術大学器楽科入学。広告代理店、コピーライターを経て専業主婦に。1978年、池田満寿夫『エーゲ海に捧ぐ』に刺激されて『情事』を執筆し、第2回すばる文学賞を受賞しデビュー。直木賞、芥川賞の候補に度々ノミネートされるが、1993年に胃がんで逝去。
代表作に『情事』、テレビドラマ化された『デザートはあなた』など。

TOKYO愛情物語 (角川文庫)のその他の作品

TOKYO愛情物語の詳細を見る 単行本 TOKYO愛情物語 森瑶子

森瑶子の作品

ツイートする