少し酔って (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.36
  • (1)
  • (4)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041552322

作品紹介・あらすじ

ホテル・ルームで、バーで、レストランで、2人がグラスを合わせる時、物語の幕が上がる。あるいは、物語の幕が下りる。ブランデーで、バーボンで、カンパリで、少し酔っている。男も女もグラスを武器にする。ハッパー・エンドでもない、悲しい結末でもない、相当に贅沢で、粋な10篇。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 森瑤子氏の「少し酔って」を読む。


    ホテルで、バーで、レストランで・・・・・・。

    一組の男女がグラスを重ねた時、そこには物語が生まれる・・・・・・。


    ブランデーで、バーボンで、カンパリで・・・・・・。

    酒の数だけある大人の男女は駆け引きを繰り返す・・・・・・。


    ちょっとほろ苦く、かっこいい・・・・・・。

    粋な大人の物語10編。


    晩酌のお供にいかがですか?

  • 村上龍に比べてみると、より現実に近づいている。普段、口にするものが、ストーリーの中に浸透している。

  • 森遥子さんの本は大好き。これも昔読んだなぁってしみじみ。。

  • 家にあった古そうな本だけど意外と面白かった。

  • ホテル・ルームで、バーで、レストランで、二人がグラスを合わせる時、物語の幕が上がる。あるいは、物語の幕が下りる。ハッピー・エンドでも悲しい結末でもない10編のショートストーリー

全6件中 1 - 6件を表示

少し酔って (角川文庫)のその他の作品

少し酔って 単行本 少し酔って 森瑶子
少し酔って (角川文庫) Kindle版 少し酔って (角川文庫) 森瑶子

森瑶子の作品

ツイートする